DAYS all small things

コケッコタマゴな小さな日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
オイラが現在勤務している蕎麦屋は、
夜になると鍋を出します。

先日、朝出勤すると厨房の入り口に
スッポンが3匹プラスチックの入れ物に入れられていました。

オイラの脳裏に浮かんだ
メニューの「スッポン鍋」の文字。

そして、オープン準備をしていると
板さんのぼやきが聞こえてくる。

「オレ、死んだらスッポンになるかもしれん」
「あ、すげー!心臓動いてる」
「心臓なんて鍋に入れても、もそもそするんじゃないか?」
「この甲羅の部分がさー・・・」

殺戮の様子はホールからは見えないので、
脳内ではスプラッタなスッポンショー。

数分後、外の掃き掃除に出ると、
スッポンは2匹になっていました。

いや、食べないと人間生きていけないし、
可哀想とかなんて言えた立場じゃないし。

そうよ、私もありがたく命をいただいて生きている訳だし。
とかなんとか、考えていましたが

バイトの帰り、
スッポンは入れ物ごと姿を消していました。

「誰もいなくなった」なーむー
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://kokekokotamago.blog50.fc2.com/tb.php/195-4763a540

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。