DAYS all small things

コケッコタマゴな小さな日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2週間位前でしょうか。
3日ほど東京へ行ってました。

目的は色々。
勉強とか友達に会うとか、
セッション会に参加したいとか。。。

久々の東京は、思ったよりしっくり来て、
電車も迷うことなくさっくり乗ってました。

さすがにセッション会は一年ぶりに歌ったので
散々な事に。泣きたいくらい自分が情けなかったけど、
他の方の演奏とか、歌とかは素敵だった☆

浅草で時間があったから
携帯からblogでも更新・・・って思っている瞬間

おじさんに道を聞かれて、思わず送信ボタンを押してしまって
↓本文の無いblogのできあがり(苦笑

スポンサーサイト
20071117094400


多分2週間くらい前、
カナダに嫁に行った友人が5年ぶりに一時帰国をした。

彼女はオイラの人生を語るには欠かせない存在で、
いわゆる親友ってやつなんですが

もちろん時間を作って彼女に会いに行きました。
幼い子供とカナダ人の旦那さんと彼女の母親と
数時間幸せな時間を過ごしたわけです。

しかし友人はジェットラグとか子供の世話とか
過密なスケジュールとかでぐったりしちゃってて
彼女自身とはあまり話が出来なかったのも事実。

でもカナダでちゃんと家庭を持って、子供にも恵まれて
優しい旦那さんが彼女をサポートしている様子を見て
安心したし、それだけで満足だったのです。

彼女がカナダへ戻った後、
「この間はありがとう」とメールがきた訳ですが

その文面を読むに

「今回日本に帰国して、自分のふるさとはもうカナダであって
この国で一生生きて行くんだと感じた」

的なことが書いてあり
そんな彼女をたくましいとも思いつつ

言葉にならない淋しさを感じた訳です。

同じ地球に住んでいるんだから
またいつか絶対会えるし
親友である事には変わりは無いんだけど

彼女からのメールを読んで
距離的な「遠さ」より
精神的な「遠さ」を感じてしまった

CA260014.jpg


すっごい 複雑なこの感情。
言葉にならない

涙が出た
いきなりなんですが
先日某テレビ番組を何気なく眺めていたんですよ。

その番組の司会者って割と好感持っていたんですが
ゲスト出演していたとあるキャスターに向かって
(あんたカツラなんでしょ)と言う含みを持った発言をしてしまい、

それは紛れも無く生放送で

カツラだと言われたキャスターは
何も言わずただ笑っているだけでした。

その番組は「責任」をテーマにしていたのですが
全国放送で人を傷つける発言をする司会者に
「責任」とか言われても・・・

その後悶々と考えた結果
オイラもふざけて自称「ヅラ評論家」とか
仲間内でしゃべっていた事があったから

もうそういうのやめようと思い
自分の発言に気をつけようと


20071109235825


内省っていうんですか?
きっとたいした事出来ないし
未熟な人間なんだけど・・・

言葉を発する事に、真摯でありたいと思うのですよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。